ぴったりな結婚指輪の探し方

結婚指輪は一生モノ!

結婚指輪というのは、新郎新婦の愛を誓いあうためのもので、結婚してからずっと身につけるものになります。選ぶ時は、若い二人に似合っているデザインでも、50代60代になって指にはめにくいものではよくありません。生涯身に着けられるデザインのものを選ぶことが大切です。
また、結婚指輪というと女性のために選ぶものというイメージですが、近年では仕事中でも指にはめている男性も多いので、会社の中でも指にはめておきやすいデザインを選ぶとよいでしょう。
結婚指輪のカタログは多くありますが、写真だけで選んでしまうと、実際に指にはめた時に印象が違うということもあります。実際に二人で店舗に赴き、一つ一つ指にはめて確認しながら選びます。分からないことがあれば、気軽に店舗スタッフに質問しましょう。

指の太さは変わっていきます。

人間の指の太さは、年齢によって変化していきます。特に女性の場合、妊娠したり子育てをしていると指が太くなることはよくあります。
結婚指輪の専門店では、無料でサイズ変更をしてくれる店も多いので便利です。ただ、指輪のデザインによって、サイズ変更できないものもあるので注意が必要です。デザインがシンプルなものほどサイズ変更がしやすいです。
もちろん、いずれ指が太くなるからと言って、購入する段階で太めの指輪を選んでしまうと、結婚式の時に指から外れてしまう恐れもありますし、新婚旅行の際にいつの間にか紛失してしまう恐れもあります。指輪は、その時その時にピッタリのサイズを選ぶことが大切です。
結婚指輪はずっと身につけることになるので、自分の好みや相手の好みだけを考えるのではなく、二人の好みを導き出す作業をしっかりと行うことが大切です。